合気道とは

合気道の歴史

開祖写真 

合気道は開祖植芝盛平翁(1883〜1969)によって生み出された武道です。
大東流合気柔術に端を発し、さまざまな武道の精髄を取り入れられ、合気道
は誕生しました。

開祖入神後は植芝吉祥丸二代目道主・植芝守央三代目道主により受け継がれ、
現在も益々の発展を遂げています。










                                          

合気道の特色
  合気道が他の武道と比べ大きく違う点は「試合が無い」ということ。
  これは合気道に相手といたずらに力で争わないという考えがあるからです。
  独りよがりに相手を痛めつけるためだけのものではありません。
  技の優劣を競うのではなく、全ての稽古人が切磋琢磨することにより技を作り上げる
  ということに大きな意義を見出しているのです。ですから稽古されている方の年齢層
  もとても幅広いというのも特色のひとつといえます。


合気道の稽古法
  基本的には二人一組で型稽古を行います。
  その際は、各自の体力に合った稽古ができますので、本格的な武道として稽古する方、
  体力づくりのために稽古する方と目的は様々です。
  初心者と有段者で組むこともありますが、お互いの習熟度に合わせて技を繰り返します。
  
  また、足捌きなどの稽古は一人でもできますので、道場の外でも、ちょっとした時間と
  スペースで練習することができます。  
  




             Copyright All Rights Reserved by Kimoridojo Omaezaki

inserted by FC2 system